“三分割法”とは?構図ひとつでクオリティが格段に変わる!

写真を撮るとき、つい、撮影したいモノを画面の真ん中に捉えてしまいませんか?

この、撮影対象が真ん中にある構図を、「日の丸構図」といいますが…


なんか、つまらない!!


って、なりません?(笑)

ありきたりだったり、つい説明的に見えてしまったり…

理想は、もっとオシャレに撮りたいのに、と。


そんな時は、構図を変えてみましょう!

真ん中に捉えていた撮影対象を、画面の端に少しだけ寄せてみる。

この構図が、「三分割法(さんぶんかつほう)」です。

三分割法とは、

縦横3分割したグリッド線の、交点、もしくはライン上に撮影対象を配置した構図のことです。

こうすることで、背景と撮影対象の両方を際立たせることができます。

人物だけでなく、物を撮影する時にも使える構図です。


三分割法の目安となるグリッド線は、スマホのカメラにも表示できます。

《iPhoneの場合》

①ホーム画面の「設定」アイコンをタップ。

②「設定」ページの「カメラ」をタップ。

③「グリッド」をオン。

グリッド線があれば、目分量でやるよりもバランスのいい三分割になります。

スマホのカメラ設定を変えて、普段の撮影をぜひ楽しんでみてください!



***


SNSで最新情報をCHECK!

ベストエイジフォト公式アカウント

Instagram @bap_bypash

Facebook @bestagephoto

いいね&フォロー、お願いいたします!