top of page

iPhoneのLive撮影モード『長時間露光』の使い方

撮影手法のひとつとして、『長時間露光』というものがあります。

これは、シャッタースピードを遅くして撮影する方法で、

例えば、道路を行き交う車が、光の線になっている写真は『長時間露光』で撮影されています。

他にも、流れる水、夜空の星の軌跡など、

動きがあったり、幻想的に見えたりする写真の多くは、

『長時間露光』で撮影されています。


一眼カメラで長時間露光撮影をしようとすると、

カメラの設定がややこしかったり、手ブレ対策に三脚を使ったりと、

正直、あまり手軽とは言えません…


ですが、iPhoneなら、

設定はワンタップで完了する上、三脚も必須ではありません!

今回は、iPhoneで手軽に長時間露光撮影する方法のご紹介です。



 

目次

  1. 使うのは、iPhoneの『Live Photos』モード

  2. 【実践】水の流れを表現しよう

  3. 【実践】背景に写り込んだ人を消してみよう

  4. さいごに

 


1.使うのは、iPhoneの『Live Photos』モード

まずは、iPhoneのカメラを起動します。


カメラを起動すると、画面上の真ん中に、◎マークが出ますね。

これが、『Live Photos』です。



『Live Photos』は、

シャッターを切った前後の1.5秒ずつ、計3秒間を自動的に撮影してくれる機能です。

※『Line Photos』の長時間露光が使えるのは、

iPhone6以降の機種、かつiOS11以降のバージョンになっているiPhoneです。



斜線が入っている場合は、『Live Photos』はオフになっています。

黄色になっていれば、オンになっています。

オン/オフの切り替えは、マークをタップして行います。



『Live Photos』がオンになった状態で撮影をすると、

カメラロールに保存された写真の左上に、

「Live」と表示されます。



写真を上にスワイプすると、