今さら聞けない“タグ付け”とは?&ハッシュタグと場所を追加して拡散しよう!

インスタグラムでは、写真を加工するだけでなく、

文章を添えたり、さまざまな情報を発信したりもできます。

(すでにご存知の方が大半かと思いますが(^_^;))


情報の発信方法として、代表的なのが「ハッシュタグ」。

ツイッターから始まったと言われていますが、

インスタグラムの検索はハッシュタグのついたキーワードでのみ行えるため、

書き方をしっかり覚えておくことが大事です。


また、「タグ付け」や「場所を追加」することで、

より多くの人に見てもらえたり、思い出を共有することができたりします。

こちらも一緒にマスターして、写真をもっと楽しみましょう!


 

目次

  1. 「タグ付け」のやり方

  2. 間違えてタグ付けしてしまった時の対処法

  3. タグ付けと「@〜」は何が違うの?

  4. 「ハッシュタグ」の書き方

  5. 「場所を追加」とは?

 

1.「タグ付け」のやり方

そもそも、「タグ付け」とは何か。


写真を一度タップすると、写真上にアカウント名が現れます

これが、「タグ付け」です。

この時現れたアカウントは、「タグ付けされた」状態です。


写真の編集が終わったあとの「新規投稿」画面で編集することができます。

まずは、写真の編集を終えましょう。



では、「新規投稿」画面に切り替わったところから、説明していきます。



①「タグ付け」をタップ。

入力欄の上から2番目「タグ付け」をタップします。



②写真をタップ。

「タグ付け」画面に切り替わったら、写真の好きなところをタップします。


タグ付けの場所は、あとで移動することも可能ですが、

できるだけ、関連性の強い場所をタップするとGOOD!

たとえば、友達が写っているなら、友達の顔の下あたりをタップするなど。



③タグ付けしたい相手を探す。

写真をタップすると、ユーザー検索画面に切り替わります。

@から始まるアカウント名、もしくはユーザーの名前を入力して、

相手を検索します。


◆ベストエイジフォトの場合、

  • アカウント名 → bap_bypash

  • ユーザー名 → ベストエイジフォト


見つけたら、一覧の中からタグ付けしたいユーザーをタップしましょう。


すると、②の「タグ付け」の画面に戻ります。

写真上にタグ付けしたいユーザーのアカウント名が表示されていることを確認しましょう。


複数人タグ付けしたい時は、これを繰り返します。

もう一度写真をタップして、またユーザーを探しましょう。



④「完了」をタップ。

タグ付けが終わったら、画面右上の「完了」をタップして、

「新規投稿」画面に戻ります。



⑤「シェア」をタップして、投稿する。

タグ付けが完了していると、

タグ付けした人数が一人の場合はアカウント名が、

タグ付けした人数が複数人の場合は合計人数が、

「タグ付け」欄の右端に表示されます。

「シェア」をタップして、投稿を完了させましょう。


タグ付けした投稿は、タグ付けされた相手へ通知されます。

また、相手のプロフィールページでも、投稿を確認することができるようになります。




2.間違えてタグ付けしてしまった時の対処法

③のステップで、間違ってタグ付けしてしまった場合は、

表示されているアカウント名を1回タップすると、

その横に「×」印が出るので、「×」をタップすれば削除できます。


すでに投稿してしまった写真からタグ付けを削除する場合には、

(1)投稿の右上にある「…」をタップ。

(2)「編集」をタップ。


(3)写真の左下にある人物マークをタップ。

(4)タグ付けを削除したいアカウント名をタップ→「×」をタップ。

で取り消すことができます。



3.タグ付けと「@〜」は何が違うの?

キャプション(説明文)に直接「@〜」でアカウント名を入力したものを、

「メンション」と言います。

これでも、タグ付けと同じように投稿の通知が相手に届きますが、

  • 相手のプロフィールページには表示されない。

  • 誰が誰だか分かりづらい。

などの欠点があります。


特に複数人で写っている写真を共有したい場合などには、

メンションで知らせるよりも、

タグ付けで共有した方が便利です!


4.「ハッシュタグ」の書き方

同じ「タグ」でも、「タグ付け」と「ハッシュタグ」は

まったく別の役割を果たします。

タグ付けされた特定の相手との共有が「タグ付け」であるのに対し、

全ユーザーを対象に投稿を拡散できるのが「ハッシュタグ」です。


特に、インスタグラムはハッシュタグで検索するSNSですので、

より多くの人に投稿を見てもらうためには、

ハッシュタグの書き方をしっかりおさえておきましょう。


まず、ハッシュタグとは、

投稿の説明欄に青文字で書かれている、

#ランチ」「#ローストビーフ」など、

写真や自分と関連性の強いワードのことです。


キーワードの最初に「#」(ハッシュマーク)をつけるだけで、

ほとんどのワードがハッシュタグとして機能します。

絵文字や、「ー」(長音符・伸ばす記号)入りのワードもOKですが、

「!」「?」「〜」「・」など、一部使えない記号もあります。



ハッシュタグは、「キャプション」に直接打ち込んで作ります。

好きな言葉、独自のワードなど、なんでもハッシュタグにできるのですが、

より多くの人に見てもらうには、

より多くの人が検索しているハッシュタグを使った方がいいです。


ハッシュタグを入力すると、関連性の強いハッシュタグが表示されます。

たとえば、「#ごはん」と入力すると、

#ご飯記録

#ごはん

#ごはんや一芯

#ごはん日記

#ごぱん

など、「ごはん」を含む、または似ているハッシュタグが多数表示されます。

さらに、各ハッシュタグの下に、「投稿○○件」と表示されます。

投稿件数が多いハッシュタグほど、

投稿している人が多い=人気のハッシュタグ

になります。

この場合は、「#ごはん記録」よりも「#ごはん」の方が人気のハッシュタグということになります。


投稿件数が多いと、検索ページでも上位表示されるので、

フォロワー以外の人に見てもらうチャンスも増えますよ!


ハッシュタグ選びに迷ったら、この候補の中から選ぶと楽チンです。



ハッシュタグを作る上で、一番気をつけなければいけないことが、

「#」(ハッシュマーク)と「♯」(シャープ)を間違えないことです。

シャープマークでは、ハッシュタグになりません!

ハッシュマークの入力方法は機種によって異なると思いますが、

iPhoneの場合、「3」を右にフリックすると入力できます。


入力したワードがちゃんとハッシュタグになれば、青文字で表示されます。

また、入力時には1つ1つの間を空けておくと、投稿したあとでも見やすいですよ。



5.「場所を追加」とは?

検索で見つけてもらうために重要な、もうひとつのポイントが

「場所を追加」の機能です。

インスタグラムは、「ハッシュタグ」「アカウント」「場所」の3つから検索されます。


ハッシュタグ検索と違って、ワードを複数入力しても検索されるので、

インスタグラムで映えスポットを探したい時なんかも便利です。

自分からおすすめスポットを発信したい時にも便利なので、ぜひ活用してみてください!



入力は、「新規投稿」画面でおこないます。


①「場所を追加」をタップ。

「新規投稿」の上から4番目、「場所を追加」をタップします。



②撮影地を検索する。