100均の【魚眼レンズ】試してみた!スマホレンズレビュー2

前回に続いて、今回は100円ショップで買える魚眼レンズを試してみました!

(前回:100均の【マクロレンズ】試して見た!スマホレンズレビュー)


魚眼レンズもマクロレンズ同様、

一眼カメラ用のレンズを購入しようと思うと、

かなり高額の出費になります。

でも、これなら100円!しかもスマホにつけられる!


普段見ることのできない景色を撮影できる【魚眼レンズ】の紹介です。



 

目次

  1. キャンドゥの「スマホで魚眼レンズ」

  2. こんな写真が撮れます(撮影例)

  3. レンズの特徴1:ケラレ

  4. レンズの特徴2:光の写り込み(ゴースト)

  5. 旅行前に見てほしい!魚眼レンズでオモシロ自撮り

  6. さいごに

 


1.キャンドゥの「スマホで魚眼レンズ」

購入したのは、こちらのレンズ。


キャンドゥ

『スマホで魚眼レンズ』

〈付属品〉

  • レンズ

  • レンズキャップ

  • 巾着袋

値段は、税抜100円です。


同シリーズの『広角&マクロレンズ』に比べると、

レンズはやや大きめ。


ついているレンズは、〈FISH EYE LENS 180°〉1種類です。


クリップになっているので、

レンズ部分をはさむようにしてスマホにつけます。


スマホ用の魚眼レンズを扱っているのは、

キャンドゥダイソーです。

今回、ダイソーの魚眼レンズに出会うことはできず…

他の方のレビューを見る限りでは、大きな性能の違いはなさそうです。

ダイソーの魚眼レンズを購入された方のレビューはこちら。


目次3で詳しく説明しますが、

魚眼レンズの特性上、レンズのフレームが写真に写り込みます。

レンズのフレームに色が付いていると、

その色の縁取りがある写真になってしまいます。



2.こんな写真が撮れます(撮影例)

さっそく、撮ってみました!


魚眼レンズといえば、画角(写る範囲)が広がる点も大きな特徴です。

どれくらい広く写るのか、検証してみました。


場所は、スカイツリー。

スカイツリーのすぐ横を通る川・北十間川(きたじっけんがわ)をはさんで、

見上げるような角度で撮影。


はい、スカイツリーの真下です!(笑)

もちろん、根本から全部写るわけなく、


普通に撮ったら、こうなります。


で、魚眼レンズをつけると、