〈彩度〉と〈暖かさ〉で色味アレンジ&モノクロ写真を楽しむ【インスタグラム使いこなし術③】

インスタグラムの写真といえば、特徴的な色味が印象深いですね。

あの個性的な色味を再現する、一番簡単な方法として、

〈彩度〉と〈暖かさ〉を用います。


このふたつは、PhotoshopやLightroomなど、

本格的な画像処理ソフトにもある機能ですが、

インスタグラムでの編集は、とても簡単ですのでご安心ください!



 

目次

  1. 〈彩度〉とは?

  2. 〈暖かさ〉とは?

  3. 〈彩度〉と〈暖かさ〉の合わせ技で、映えるモノクロ写真に!

  4. 【プラスワン】お手軽!フィルター風加工レシピ

  5. さいごに

 


1.〈彩度〉とは?

〈彩度〉とは、「色の鮮やかさ」のことです。

写真上の色ひとつひとつが際立っている状態を『彩度が高い』いい、

色味が少ない写真を『彩度が低い』といいます。


彩度が低い写真の代表が、モノクロ写真です。

なので、フィルターを使わずにモノクロ写真に加工したい時は、

〈彩度〉を編集しましょう。




〈彩度〉は、『編集』ページの6番目にあります。

しずくのマークが目印です。



調整バーを、

左にスライド → 彩度が下がる/モノクロへ

右にスライド → 彩度が上がる/あざやかに



好きな色合いが見つかったら、右下の「完了」をタップします。



完全にモノクロにしたい時は、

調整バーを左端までスライドして、数値を「-100」にします。



「彩度を下げただけじゃ、なんとなくぱっとしない」

と思った方は、

目次3、4を読んでみてください!



2.〈暖かさ〉とは?

インスタグラム上で〈暖かさ〉と表示されるこの機能は、

専門的にいうと『色温度』のことです。

色温度について説明すると、長くて小難しい説明になってしまうので、

〈暖かさ〉の意味にフォーカスして、簡単に説明します!(笑)

(参考:色温度とは?)



インスタグラムの〈暖かさ〉とは、その名の通り、

暖かそうな色味か、寒そうな色味に編集する機能のことです。


〈暖かさ〉は、〈彩度〉の左にあります。

温度計のマークが目印です。



調整バーを、

左にスライド → 青っぽくなる → 寒そうな感じ

右にスライド → オレンジっぽくなる → 暖かそうな感じ

に変化します。